PUBLISH


2018.1.30 日経デジタルヘルスに名大病院、「スマートホスピタル構想」の実証研究に関するニュースが取り上げられました。

詳しくは下記をご覧ください。

 

【日経デジタルヘルス】

名大病院、「スマートホスピタル構想」の実証研究

医療従事者と患者がIoTデバイスを装着、サトーヘルスケアが参画

http://tech.nikkeibp.co.jp/dm/atcl/news/16/012910628/?ST=health

2018.2.13 シスコ、名大病院の「スマートホスピタル構想」に向けた医療IoTの実証実験を開始。

スマートホスピタルに関するプレスリリースが行われました。詳しくは下記をご覧ください。

 

【Cisco News】

https://apjc.thecisconetwork.com/site/content/lang/ja/id/8651


出版物


名古屋大学医学部附属病院メディカルITセンター

舩田 千秋 (副センター長、助教)が編集にかかわりました。

 

エキスパートナースの実践をポライトネス理論で読み解く

看護技術としてのコミュニケーション

 

編集:舩田 千秋/菊内 由貴 判型 B5

頁 176 発行 2017年02月

定価 3,024円 (本体2,800円+税8%) 

ISBN978-4-260-03025-0

 


論文・研究発表

名古屋大学医学部附属病院メディカルITセンターにかかわる論文・研究発表を公開していきます。


[2018年度]

第38回 医療情報学連合大会(第19回日本医療情報学会学術大会)

会期:20181122日(木)~25日(日)

会場:福岡国際会議場・福岡サンパレス

 

・白鳥義宗. 診療データの一元管理がもたらす医療の質と安全向上. ランチョンセミナー2

 

・山下暁士. 水谷浩行. 堤英樹. 伊藤暁人. 林久博. 福田雄希. 小林大介. 大山慎太郎. 舩田千秋. 白鳥義宗. マスターを統合的に管理する試み. 一般口演. プログラム抄録集. 254

 

・山下佳子. 大山慎太郎. 大谷智洋山下暁士. 佐藤菊枝. 小林大介. 舩田千秋. 森健作. 白鳥義宗. 地磁気を利用した病院内一測位手法の検証. 一般口演. プログラム抄録集. 372

 

・水谷浩行. 山下暁士. 堤英樹. 伊藤暁人. 木寅信秀. 北岡義国. 小林大介. 大山慎太郎. 舩田千秋. 白鳥義宗. 当院にける標準マスター導入の状況. ポスター. プログラム抄録集. 434

 

第56回 日本医療・病院管理学会学術総会

会期:20181027日(土)~28日(日)

会場:ホテルハマツ

 

・山下暁士西村紀美子. 石川ベンジャミン光一. 宮田靖志. 小林大介.  DPC公開データを用いた愛知県二次医療圏における救急医療提供状況の分析. 日本医療・病院管理学会誌. vol.55. 2018.10.65

 

第77回 日本公衆衛生学会総会

会期:20181024日(水)~26日(金)

会場:ビッグパレットふくしま

 

・山下暁士. 小林大介. 西村紀美子. 宮田靖志. DPC公開情報データを用いた愛知県の二次医療圏における医療提供状況の分析. 日本公衆衛生雑誌. vol.65(10). 2018.10.513

 

・西村紀美子. 小林大介. 根本二郎. 医療にまつわるビッグデータを利活用した医療機器の使用実態と需要推計. 日本公衆衛生雑誌. vol.65(10). 2018.10.52

 

第19回 日本クリニカルパス学会学術集会

会期:20181012日(金)~13日(土)

会場:函館国際ホテル、フォーポイント バイ シェラトン函館 

 

・白鳥義宗. 河村進. 電子パス標準化の道筋~日本クリニカルパス学会・日本医療情報学会合同委員報告~.特別企画. 日本クリニカルパス学会誌. 2018.vol.20.No.3.339

 

・舩田千秋. 電子パスデータを他施設共同で利用するための課題 第3報. 一般演題. 日本クリニカルパス学会誌. 2018.vol.20.No.3.381

 

舩田千秋. クリニカルパス作成研修からの標準用語マスタ使用に関する考察. 日本クリニカルパス学会誌. 2018.vol.20.No.3.465

 

・朝田委津子. 山下佳子. 早瀬みゆき. 舩田千秋. 曾根三千彦. 入院時汎用パス(自動取り込み). クリニカルパス展示

 

・山下佳子. 大山慎太郎. 朝田委津子. 佐藤菊枝. 舩田千秋. 山下暁士. 小林大介. 曾根三千彦. 白鳥義宗. クリニカルパスの管理におけるエクセルパスの有用性. 日本クリニカルパス学会誌. 2018.vol.20.No.3.409

 

〇International Forum on Quality and Safety in Healthcare, Melbourne 2018

会期:2018910日(金)~12日(土)

会場:Melbourne

 

・Satoshi Yamashita. Keiko Yamashita. Chiaki Funada. Daisuke Kobayashi. Shintaro Oyama. Shingo Tamaki. Kimiko Nishimura Masayuki Kobayashi.  Hiroyuki Mizutani. Yoshimune Shiratori. Analysis on error-check in our Computerized Physician Order Entry systems

 

・Daisuke KOBAYASHI.Koichi B.ISHIKAWA. Yoshimune SHIRATORI. An investigation of inpatients' medical expenses with cardiovascular diseases and consider the medical cooperation system in Aichi Prefecture  

 

〇第19回 日本医療情報学会 看護学術大会

会期:201876日(金)~ 7日(土)

会場:高知市文化プラザ かるぽーと

 

・シンポジウム「電子クリニカルパスとデータの標準化」

シンポジスト 白鳥義宗. 電子パスと標準データモデルについて

 

・山下佳子. 舩田千秋. 杉浦裕子. 佐野ありさ. 大山慎太郎. 山下暁士. 小林大介. 白鳥義宗. 病院総合情報システム更新における広報誌による広報活動とクリニカルラダーとの相関性について.19回日本医療情報学会看護学術大会論文集 2018. 179-180.

 

・舩田千秋. 山口真澄. 福嶋敬子. 岡本泰岳. 効果的かつ効率的な看護用語表記と選択についての一考ー入院時汎用パスモデルの作成から―. 第19回日本医療情報学会看護学術大会論文集 2018. 251-254.

 

〇第20回 日本医療マネジメント学会学術総会

会期:201868日(金)~ 9日(土)

会場:ロイトン札幌/ニトリ文化ホール/ホテル札幌芸文館

 

山下佳子. 舩田千秋. 杉浦裕子. 小林大介. 白鳥義宗. 病院総合情報システム更新における広報誌による広報活動の成果と課題. 日本医療マネジメント学会雑誌. Vol.19 Supplement 2018. 289.